引越しトラック 大きさ 道幅

引越しトラックの大きさと道幅

引越し トラック 道路

 

引越しトラックには様々な大きさがありますが、大きいトラックは小さいトラックよりも経費がかかります。

 

ですがトラックが小さすぎて荷物がすべて入り切らなかったら意味がないので、適正な大きさのトラックが必要です。

 

散々迷ってトラックの大きさが決まっても、実は物件に面する道路の幅が狭いときは使用できないことがあります。
トラックの大きさと前面道路の幅の関係は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

大きいトラックが通るには道路の幅も広くないといけません。

 

もし物件の前の道路が狭くてトラックが通れないと思ったら、早めに相談しておきましょう。